人間工学的な考慮事項
人間工学的な考慮事項

人間工学的な考慮事項

このデバイスを使用する際は、次の人間工学的なガイドラインに従ってください。
身体への負担を防ぐために、休憩をとり、タスクをローテーションすることお勧めします。

腰を曲げて作業しないでください

無理に腕を伸ばさないでください

手首を極端に曲げないでください